「あの世」と交信するためのワークショップ

ワークショップ〈死後探索〉主催者トータル・taoです

師ブルース・モーエン氏夫妻と

 *Photoブルース・モーエン氏夫妻と主催者のYO(左端)

 

 

トータル・道(tao)のYOといいます


 こんにちは。
 BMトレーナー協会公認トレーナーの井沢洋(YO)といいます。 長野県上田市でアフターライフ研究ラボ「トータル・道(tao)」を主宰しています。

 

 ワークショップ〈死後探索〉をときどき開催するほか、ヒーリング(リコネクティブヒーリング/レイキヒーリング/瞬間ヒーリング)を行ったりしています。

 

 本業はリフレクソロジストです。整体もやります。
 北陸新幹線上田駅前の「リラクゼーション・ルポゼ」というお店に勤務しています。

 

YOとスピリチュアルとの出会いは『オーラの泉』

 その昔、『オーラの泉』というテレビ番組を見ていて「あの世」とか「死後」というものが存在するということを確信しました。

 

 そのころ、偶然書店で見つけたヘミシンク体験記『死後体験』(坂本政道著)という本に出会い、2008年にアクアビジョン(代表坂本政道氏)が主催する「死後体験セミナー」に参加しました。
 翌2009年には同じくアクアビジョンが主催する「ハートヒーリングセミナー」に参加。
 また同年秋に、阿蘇山ろくでスピリチュアル・トレーニングーセンターを主宰するタイさん(ヘミシンク公認トレーナー)の個人セッションを受け、スピリチュアルな世界へ大きく舵を切ることとなるメッセージを受け取りました。

 

トレーナーになりたくて市役所を退職

 最初はヘミシンクのトレーナーになろうと考えましたが、坂本氏から「これ以上日本人トレーナーは養成しない方針」とのショッキングなお話しを聞き、泣く泣く断念。
 しかし、2011年、ブルース・モーエン氏の来日ワークショップに「トレーナー養成コース」がラインナップされるとの情報をいち早く入手。予告どおり同コースが開催されました。

 

 その年は仕事の関係でレベル2までしか受講できませんでしたが、2012年にも同養成コースが開催されました。

 

 50歳をいくつか過ぎて、上司、先輩、同僚の親身なアドバイスを振り切り、無謀にもわたしは市役所を退職しました。
 トレーナーコースを受講したことはいうまでもありません。

 

 2012年10月、ブルース・モーエンメソッドの公認トレーナー(第3期生)として認定されました。
 その翌月には早くも念願のワークショップを開催し、今日にいたっています。

 

 

公認トレーナーとなるための条件は?


 ・ワークショップレベル1〜レベル3までを各2回以上受講(それぞれ内1回はブルース・モーエン来日ワークショップであること)
 ・ブルース・モーエン直々のトレーナー養成講座を受講すること
 ・「死後探索」に関する課題レポートを3題提出すること(必ず第三者の検証を添えたもの)
 ・ブルース・モーエントレーナー協会(BMトレーナー協会)の会員となること
 ・レベル3トレーナー(ベテラントレーナー)が主催するワークショップに参加し、実践トレーニングを積むこと

 

 ここまでやってようやくレベル1トレーナーとなります。
 その後1年間はレベル1トレーナーとしての経験を重ね、その間に最低1回以上はワークショップを開催し、レベル3トレーナーが開くレベル2及びレベル3ワークショップに参加して、晴れて念願のレベル3トレーナーとなれるのであります。(ふぅー、道のりは長い!)

 

BMトレイナー協会とは?

 BMメソッドを習得した公認トレーナーが自主的に設立した団体です。トレーナー相互の連携を図り、BMメソッドの普及と会員のスキルアップを目的に、ブルース氏の肝煎りで発足しています。
 公認トレーナーとして認定されたあと、同協会に加入することでワークショップ〈死後探索〉を開催する権利が付与されます。

 

 BMトレーナー協会では専用のホムページをアップロードして各トレーナーの活動を支援するほか、定期的にBMメッソドの練習会を企画したりしています。
 また、年に一度のメインイベントとして、例年8月に東京都下においてブルース・モーエン氏の来日ワークショップを開催しています。

 

 ◆「トータル・道(tao)の連絡先◆
   ◇長野県上田市真田町傍陽6194
   ◇Eメールアドレス: mail★yozf.jellybean.jp
     (※★は送信時に@と置き換えてください。)

 

 

 ☆BMトレーナー協会のホームページへはこちらからアクセスできます。