「あの世」と交信するためのワークショップ

「あの世」と交信するためのワークショップ    〈死後探索〉

気球に乗って死後探索に出発!

 

〈死後探索〉とはBMメソッドのこと

 ワークショップ〈死後探索〉は、アメリカのスピリチュアル研究家ブルース・モーエン氏が考案した「あの世」と交信するための手法のことです。氏の頭文字をとってBMメッソドと呼ばれています。「あの世」とか「死後」などと呼ばれる非物質的世界を訪れ、故人をはじめ、わたしたちを導く存在らと交信し、あなたが必要とする情報を持ち帰るためのスピリチュアル的な活動のことです。

 

死後の探索はヘミシンクが草分け

 こうした活動の草分けとしましては、死後の世界を探訪するためのツール、ヘミシンクを開発した故ロバート・モンローが有名です。
 日本においても坂本政道氏がヘミシンクを主体としたセミナーを開催しています。
 ヘミシンクでは【肉体】から【意識】を切り離すための手段として、ある特定の周波数帯で編集された音源(CD)を使うのが特徴です。慣れてくると「ノンヘミ」といって、そうした音源を使わずに「あの世」、つまり死後の世界を訪れることができるようになります。

 

〈死後探索〉は「ノンヘミ」を体系化したもの

 〈死後探索〉(BMメソッド)とは、ヘミシンクで行うところの「ノンヘミ」を体系化したワークショップです。音源のかわりに、あなたの記憶の引き出しに収納されている「愛の感覚」を使います。「愛の感覚」を使って、「あの世」や「死後」世界など特定の意識エリアにフォーカスしていきます。

 

「あの世」が信じられないあなたにこそすすめたい

 「あの世」にしろ「死後」にしろ科学で証明できないものは信じられない。「あの世」も「死後」もきっとオソロシイところにちがいない。お化けみたいな分からないことに関わるのはゴメンダ!なんて思っていらっしゃるあなた。そんなあなたにこそ、このワークショップを知って欲しいのです。

 

「あの世」との交信はほんの入り口にすぎない

 「あの世」との交信はBMメソッドのほんの入り口です。ここから入って、最終的には「死後」以外の非物質的な世界や、あなた自身の「インナー」な世界へと探索の範囲を広げていきます。

 

 さあ、まずは手始めに愛しい故人(ひと)との交信をとおして、あなたの信念を書き換えていきましょう。

 

 花びらは散っても花は枯れない(肉体は滅んでも意識は消滅しない)という言葉がありますが、それはおそらくあなたの信念と矛盾する世界ですね。それを承知のうえで、そんな世界へBMトレーナー協会公認トレーナーの井沢洋(YO)がご案内いたします。